明治大学体育会ソフトテニス部

<OB会長挨拶>

会長 太田 三郎

昭和47年卒

 ソフトテニス部の創立は明治39年に本学の初代岸本辰雄校長自らが会長となり設立された学友会の運動部(庭球部、剣道部、弓道部)の中の部として創設されました。
創設以来多くのOBが排出されていますが、当時は組織化されたOB会というものがなく、組織としての正式OB会発足は昭和30年1月8日でした。
初代会長には渡邊 宏氏が就任し、以降、二代目会長萩原 久郎氏、三代目会長長山 幸作氏、四代目会長宇都宮 幸正氏、五代目会長重田 衞氏が歴任して現在は六代目となっています。
OB会の目的は、会員相互の親睦と部の発展に寄与するために経済的に支援し、伝統と栄誉を後世に伝承することにあります。昨今は特に優秀な選手が入部し好成績を果たしていますのでOB会としても更なる支援ができるよう多くの卒業生に働きかけていく所存です。

平成30年度 OB会役員体制

役職氏名
顧問宇都宮 幸正  上田 勝利  望月 幹夫  右近 義信
芝木 裕之  木村 征司  河村 一喜  畠中 君代
三宅 隆邦  亀川 悟
名誉会長重田 衛
会長太田 三郎
副会長近 秀一  米沢 真琴  鶴田 賢了  世良 寧邦
下妻 利之  青木 勇
幹事長矢野 毅
副幹事長山形 厚夫  廣田 誠  小川 雅弘
会計監事中田 吉秋
会計監査田上 淳
常任幹事岡崎 弘詩  桜沢 直芳  近藤 年文  新保 俊彦
遠藤 英史  田中 けい子  成澤 克星  成田 悠
冨家 直樹  宇賀神 孝典  末松 治夫  倉地 進治
山崎 弘明  洌崎 満  松本 佳史