明治大学体育会ソフトテニス部

チームの理念

 斉藤孝弘前監督は「感謝と思いやりの行動」こそ真のアスリートを育てる秘訣であると教えておられました。さらに「本質への追及」「限界への挑戦」を常に指導されていました。本質への追及とは迷ったら初心の戻ること、限界への挑戦は自分で限界を作らず、苦しいことにも選手自ら自発的に進んで取り組むことです。特に晩年は「個性豊かで社会に貢献できる人材の育成こそ我が部のつとめ」である言っていました。
 斉藤監督は明治大学ラグビー部の故北島忠治先生を尊敬しておりました。北島監督は、サインプレーの多様化しつつあるラグビーの中、「基本」に忠実である事に徹底し「重戦車」と呼ばれる強力フォワードを軸に戦うチームをつくりあげ、「前へ」「前へ」と真っ直ぐ突進する明快なラグビースタイルを完成させました。
ラグビー部の理念である「前へ」の影響を色濃く受けていた斉藤監督は、基本に忠実である「本質への追及」と前えのチャレンジ精神である「限界への挑戦」という理念を築き上げ学生の指導にあたりました。
 これが今でもソフトテニス部の理念として引き継がれています。

チームの目標

■ 全日本学生大学対抗戦優勝を目指します。
■ 部活動を通して個性豊かで社会に貢献できる人を目指します。